ウルソーコール酸10%<バイオ>

 

動物用医薬品

経口用胆汁酸製剤

 

■ウルソ―コール酸10%「バイオ」

 

 

包装単位:5㎏箱(1㎏×5分包)

 

 

■製品の特長

本剤の主成分は、胆汁酸の一種である。利胆作用が強く、肝血流量増加作用・リパーゼ活性の促進作用がある。

  

■効能又は効果

 

牛:ケトーシス、肝機能減退症

魚類:魚類の肝機能減退による発育障害の予防と治療

■用法及び用量

牛 :1頭当たりウルソデオキシコール酸として2~3g(本剤として20~30g)を1日1回経口投与す 

   る。なお症状に応じて適宜増減する。

魚類:魚体重1㎏あたり1日量ウルソデオキシコール酸として6~20㎎(本剤として0.06~0.2g)

   を飼料に混ぜて連続投与する。

 

■使用上の注意

 

1.守らなければならないこと

一般的注意)

⑴ 本剤は、定められた用法・用量を厳守すること。

⑵ 本剤は、効能・効果において定められた適応症の治療にのみ使用すること。

⑶本剤を魚に使用する場合には、指導機関(家畜保健衛生所、魚病診断総合センター、水産試験場等)に相談の上使用すること。

 

(取扱い及び廃棄のための注意) 

⑴誤用を避け、品質を保持するため、他の容器に入れかえないこと。

⑵本剤の保管は直射日光、高温及び多湿を避けること。

⑶小児の手の届かないところに保管すること。

⑷使用済みの容器は、地方公共団体条例等に従い処分すること。

⑸本剤は、よく振り混ぜてから使用すること。

⑹本剤を数回に分けて使用する場合には、すみやかに使用すること。

⑺本剤の色に異常が認められた場合には使用しないこと。

ダウンロード
ウルソ―コール10%<バイオ>添付文書
ウルソーコール酸10%<BIO>添付文書6503-0.pdf
PDFファイル 148.6 KB